【エーペックス】エイム練習しても弾が当たらない理由

なほちゃんがおすすめしてくるエーペックス動画、だいたいすでに視聴済み。

どうも、ゆきやんです!

 

好きなことは寝食を忘れてやり続けるで有名な僕ですが、今回はエーペックスのエイム練習と実践の違いを分析して練習が実践に直結しない理由を述べたいと思います

 

なぜこの考えに至ったかというと、奥さんのなほちゃんは最近ぼくよりエイム練習頑張っています

エーペックス射撃練習場の武器がある位置から一番遠い的(陸地の遠いとこね)をひたすら射撃しています。この距離をボルトでアタッチメント無しで200ダメージくらいだしてます

僕は同じ条件だと100超える程度がやっとです

 

このように練習場のエイム勝負は僕の負けです

しかし、実践ではダメージを出しているのは僕です

 

もちろん単純にゲーム全体のダメージ量だけを比較してもエイムが良い悪いの評価はできませんが、

同じくらい射撃している時でも僕の方がダメージは明らかにでてます

 

要するになほちゃんはエイム練習しているのに弾が当たってないんです。

その理由は

  • エイム練習で身につけるスキルを理解していない
  • 実践で当たらなかった原因を分析出来てない

だと思います(^^)

それぞれ解説しますね

 

エイム練習で身につけるスキルを理解していない

なほちゃんがやってる練習方法を詳しく説明すると

  1. ゆっくり時間を使って的にエイムを合わせる
  2. 的とエイムが合ったら射撃開始
  3. 全弾撃ちながらリコイルコントロール
  4. 射撃中は左スティックは動かさない
  5. 全弾撃ち終えたらリロード
  6. またエイムするがそれほど的とズレてないかららくちんエイムで①に戻る

 

これがなほちゃんがやっている練習方法です

一見よさそうですが、これだと練習として不十分な点があります

 

まずエイム練習で鍛えることができるスキルをまとめると

  1. ターゲットとエイムを速く正確に合わせるスキル
  2. 初弾を当てるスキル
  3. 当て続けるスキル(リコイル制御)
  4. ターゲットが予想外の動きをした時に追いかけるスキル(追いエイム)

 

この4つを鍛えることができます

なほちゃんの練習方法では③を鍛えることはできていますが、それ以外はあまり練習できていません

③のリコイル制御はたしかにうまくなっています。他の武器と比べ使い込んでいるボルトはよく当たるようになっています(^^)すごいよ〜♪

 

でもこれだけ上達しても実践では弾が当たりません。敵は動くし、敵も撃ってくるので速く射撃開始しないと先に倒されてそもそも射撃できません

 

 そこでエイム練習するならゆっくりエイムを合わせたり、同じような場所を狙い続けるのをやめた方がいいです

極端な話、ゆっくりエイムを合わせるのは誰だってできますよね?できるだけ速く合わせることができれば敵より先に射撃できます

 

練習ではリロードする毎に違う場所のターゲットを狙うようにしましょう。それも速く正確になるようにします

これがある程度できるようになったら④追いエイムを鍛えます

 

やり方は簡単です

射撃する時に左スティックをぐるぐるさせます

この目的は意図的にエイムを外すためです

狙っている的は動かないので(動いてる的はありますが、規則的なので練習になりません)自分をランダムに動かすことで追いエイムの練習ができます

 

自分も的も止まっている状態での射撃は完全に武器のリコイル制御だけでよくなります

実践ではそれプラス敵が動くのでエイムで追いかけるという高等技術が必要になります

 

以上がエイム練習で身に付けるべきスキルでした

これが理解できてないと思ったほど弾があたるようになりません

 

 

実践で当たらなかった原因を分析出来てない

そしてエイム練習しても弾が当たらない理由の2つ目がこれ!

 

一戦一戦で当たらなかった原因を分析してない

 

歴史の名言にこんな言葉があります

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

 

これは「たまたま勝てることはあるが、負けには必ず原因があるよ」って意味です

 

原因が分かったら、なぜその原因が発生したのか?どうすればその原因を解消できるのか?そうやって考えます

 

原因の解消方法は、練習するか意識を変えるのどちらかです

 

技術的に足りないところがあれば練習です

例えば、撃ち始めが敵より遅かったのなら練習場で素早く右スティックを動かして狙った的合わせる練習をふやしましょう

もし敵より先に射撃できていたが途中から当たらなかったのならリコイル制御か追いエイムの練習です

途中から当らなかった原因として敵が動いてなかったのならリコイル制御ができてないです

リコイルは出来ていたが敵がレレレ撃ちしていて当らなかったのなら追いエイムが練習不足です

 

このように負けたら原因を分析して、その分析をもとに練習するのです

闇雲に練習しても上達は遅いです。これはビジネスのシーンでPDCAサイクルといいます

Pぷらん立てて

Dプランを実行して

C実行したことをチェックして

A改良して次に繋げる!

 

これと同じですね

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はエイム練習しても弾が当らない理由を自分なりにまとめてみました

 

「エイムがいい」「エイムが悪い」という言い方をしますが

「エイム」といってもいくつかの要素があるので自分のエイムはどれが足りないのか理解できればエイムは良くなると思います

 

この話はエイムだけを切り取った話です

エイムが良ければ勝ちやすいですが、エイムだけよくても勝てないし、立ち回りが必要になります

エイムと立ち回りは別モノのようですが、そうでもないです

立ち回りがよければ苦労せずエイムできます

エイムが良ければ速く敵を倒せて立ち回りしやすくなります

 

このように関連深いモノです

この話はまた別の記事で書くとかかかないとか

 

ここまで読んでくれたエーペックス好きのアナタ。

 

ありがとうございまーーーす\(^o^)/!!!!!!!!!!!!

 

ゆきやん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です